スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
東大阪市長と教育長に対する要望書を提出しました
10月28日午後1時ごろ東大阪市の庁舎に集合して別紙「要望書」を市政情報相談課に提出しました。
相談課で受け取り、内容を検討して当該の担当課に渡すとのことです。
要請した項目は
1、福井地裁判決を受け止め、。再稼働反対の意思表示をすること
2、学校給食を安全・安心なものにするため予算と体制を作ること
です。
要望書を読み上げ、参加者がそれぞれ一言付け加えて提出しました。
一緒に行ってくれたのは、藤田さん、ほか4名でした。
返答の期限を11月14日としています。

返答があればまた皆様にお知らせします。


 
東大阪市長   野田 義和 様
東大阪市教育長 西村 保  様
 
要 請 書
 
 
1)大飯原発再稼働に関する福井地裁判決について
 去る521日、福井地裁は、関西電力大飯原発3,4号機運転差止請求裁判で「大飯発電所3号機及
び4号機の原子炉を運転してはならない」との判決を下しました。福島原発事故のあと、全国で16
30件に及ぶ訴訟が行われていますが、これが第一番目の判決です。そして、この判決の最も重要な
ところは、被告関西電力が主張した原発の「安全性」や「経済性」よりも、憲法上の権利(13条、25)
である「人格権」〜国民の命というものが、はるかに高い価値を有するものであり、この人格を侵害す
るようなおそれがあるときは、その侵害行為の差し止めを請求できるとしたことです。
 
 また、1260ガルという基準地震動を超える地震が大飯原発に到来することはないとの被告の想定に
対し、これをはるかに超える4022ガルの岩手宮城内陸地震の例を挙げて反論。同時に原発の冷却機能
を維持する主給水ポンプの耐震安全確認が行われていないことに触れて、この設備が安全上重要なもの
ではないという被告の主張のいずれも「根拠のない楽観的見通し」として退けています。加えて、使用
済み核燃料の保管については「我が国の存続に関わるほどの被害を及ぼすにもかかわらず、全交流電源
喪失から3日を経ずして危機的な状況に陥る。そのようなものが堅固な設備によって閉じ込められない
まま、いわばむき出しに近い状態になっていると、その危険性を指摘。このあまりにもずさんな管理体
制を厳しく批判しています。

 
そして、被告の「電力供給の安定性、コストの低減」論については「たとえ本件原発の運転停止によ
って多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこ
に国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富
の喪失であると当裁判所は考えている」として、国民の命と生活の持続は経済性に勝ると明快に断じて
います。最後に原発は「CO2排出削減に資するもので環境面で優れている」という被告の主張に対し、
判決は「原発でひとたび深刻事故が起こった場合の環境汚染はすさまじいものであって、福島原発事故
は我が国始まって以来最大の公害、環境汚染であることに照らすと、環境問題を原子力発電所の運転継
続の根拠とすることは甚だしい筋違いである」と、根本的な批判を加えています。
 
 私たち「放射能からいのちを守る東大阪の会」も「ママ会」も、この福井地裁判決を人間社会の理を
尽くし、筋を通した実に真当なものであると考えます。しかも私たちは、裁判の原告として認められた
原発から250キロ圏内に生活している当事者でもあるのです。大飯原発で福島と同様の事故が起きれば
短時間でその影響が私たちの町にも及びます。住民の安全を守ることは、自治体の第一義的な課題です。
私たちは、東大阪市長が、同じ当事者としてこの判決を真摯に受け止め、尊重し、人々の「人格権」=
命や生活が何よりも大切にされる地域社会を創ることに向けた意志表明をされるとともに、国や関電に
対して、原発の再稼働をまずは止めるという働きかけをされることを強く要請いたします。

 
2)学校給食の放射能検査の実施について
 私たち「放射能からいのちを守る東大阪の会」と「ママの会」は、学校給食の「食材の放射能検査」
を要求して、2013年より市民署名を広くよびかけ、教育委員会学校給食課との話し合いを重ねてき
ました。それまでの市の検査は、子どもたちが給食を食べてしまったあとに一週間分をまるごとミック
スして測定する事後検査でした。この検査では、仮に給食に放射能に汚染されたものが混じっていても、
子どもたちが既にそれを食べてしまっているという問題と、一週間の給食を何もかもまとめて測定器に
かけるため薄まり、「不検出」になる可能性が高いこと、また高い数値が検出されても、どの食材が汚染
されているのかはわからないという問題があります。子どもたちを放射能とりわけ内部被曝から守るため
には、学校給食の「食材段階での事前検査」が何より必要です。大阪府下でも、この検査を実施する自治
体が増えてきました。

東大阪市では、学校給食課が2014年度からの実施を計画(外部委託)されましたが、予算が認められま
せんでした。未来をになう子どもたちの健康をどう守っていくのか、今、東大阪市としての姿勢が問われ
ています。この9月から、環境衛生検査センターの方で、事前の食材検査が行われるようになりましたが、
検査対象も検査の頻度(1週間に1回)も限られており、子どもたちが本当に安心して食べられるレベルには
まだまだ至っていません。私たちは何よりも「きちんと測って、安心して食べる」ことのできる学校給食
の実現を求めています。つきましては、それを可能とする体制や職員配置、予算面等での保障を確実に行
っていただきたいと思います。

 
以上、2点にわたり、11月14日までに回答いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 
                      2014年10月28日
 
                      放射能からいのちを守る東大阪の会
                      放射能からいのちを守るママの会@東大阪





 


 
活動 / comments(1) / trackbacks(0)
東大阪市で、学校給食食材の事前検査が始まりました!
東大阪市では2012年4月から、学校給食の放射能検査として「まるごと検査」というものをしていました。私たちは、この「まるごと検査」の問題点(→リンク:東大阪市の「学校給食まるごと検査」とはどのようなものなの?)を指摘し、測定するなら食材単位でやってください!と、訴えてきました。

そして、このたび2年半不検出だった結果をうけて、「まるごと検査」に一区切りをつけて、私たちが希望していた食材単体の検査に変更になりました!

この事は、今年6月提出、7月10日に返答が届いた「学校給食に関する要望書(回答)」に載っており、私たちもこの回答書で初めて知った事。

慌てて電話にて問い合わせた詳細は以下↓

◆検査対象は過去に出荷制限のあった15県(青森、岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、神奈川、新潟、山梨、長野、静岡)
◆生鮮食品に関しては事前に同産地からサンプルを取り寄せて検査
◆環境衛生検査センター(まるごと検査の実施機関)の負担とスケジュールは変更できない。検査は前月末2日間に5検体まで
◆ものによっては事前は難しいかもしれないが、基本事前の検査をめざす
◆業者に対しては放射能測定検査証の提出を可能な限りもとめる
◆業者が検査証を提出できない品は必ず東大阪市で検査する
◆全ての業者が検査証を提出できても、一月5検体までなら二重チェックという意味で検査する
◆事前は難しいだろうが、当月中にはHPにて結果を公表する

かなり前進した事を感じました。

さて、初回9月分の給食食材の事前検査はどのように進んだのでしょうか?

9月の食材の産地(業者)が決まるのは、8月の「物資購入委員会」です。
今年は8月11日に業者と産地が決まり、それからどれを測定に出すのかの選定作業が行われました。そして、選ばれたのが以下。

◆黄桃(缶詰):山形
◆トマトピューレ:岩手、秋田、宮城、山形、茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、新潟、長野
◆ギョウザ:(豚肉)群馬
◆果汁飲料(りんご):青森
◆福神漬け:(大根)群馬・静岡、(なす)埼玉

以上5検体です。
検査は8月26日に、「東大阪市環境衛生センター」にて行われました。
給食課に結果が届いたのが9月2日です。
9月8日に学校給食課のHPにも結果が載っています。
『学校給食で使用する食品の放射性物質検査(モニタリング検査)について』
  http://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000013753.html

◆トマトピューレ:検出限界値5Bq/kg未満
◆ギョウザ:検出限界値8Bq/kg未満
◆果汁飲料(りんご):検出限界値5Bq/kg未満
◆福神漬け:検出限界値6Bq/kg未満
◆黄桃:検出限界値6Bq/kg未満

以上すべて検出限界値未満(セシウム134・137)でした。

お気づきと思いますが…今回検査されたものはすべて加工品です。加工品は生食品にくらべ事前に手に入れやすく保存の面でも融通がきくのですね。まあ…実際加工品に関しては厚労省でも「検査対象外」としており、この選択は理解できます。

しかし!前々回の「学校給食に関する要望書(回答)」と電話問い合わせによる回答で、「(15県の食材は)業者に対して放射能測定検査証の提出を可能な限り求める」「業者が検査証を提出できない品は必ず東大阪市で検査する」という言葉があったことを覚えてますかー。
今回、15県の食材のうち、検査証を取り寄せた品は一つもないとのこと。あれ、話が違うぞ?
改めて問い合わせてみた結果…
給食課「生食品に関しては該当15県では産地の県などで検査をされており、安全と判断しました」→私「それは厚労省などのHPで確認したのですか?」→給食課「いえ…」→私「では、生産地全体の中の、一部の抜き取りで基準値越えはなかったけれど、それがNDだったのか基準値以下の汚染があったのか…も把握していないということですか?」→給食課「そうですね…」

いかんですよ。
これでは要望書の回答すら守られてないということになります。

今回の給食食材の事前検査は、給食課にとっても初めての試みです。
検体の選定基準もまだちゃんと決まってなく、選定作業にけっこう苦労したみたいです。
業者へ検査証の提出を求める事で選定作業もやりやすくなるはずなのですが、課内の努力だけで今までのやり方を通そうとするのは、栄養士さんの仕事量を増やすだけで、じっさい該当食材の汚染状況を追いきれていない結果となっています。

実は、来週9月9日に学校給食課との5回目の会合が決まっています。
とりあえずは一歩前進した放射能検査について感謝の意を伝え、さらにこの先より良い形で検査が進められるよう、学校給食課と共に考えていきたいと思っています。

応援よろしく!
学校給食 / comments(0) / trackbacks(0)
2014.6.4「学校給食に関する要望書」を提出しました。
私たちは、1013年初頭より東大阪市学校給食課と計4回の会合をし、放射能の危険性と学校給食の安全を求める話し合いを重ねてきました。
昨年末には今期(2014年度)の予算要求で「事前検査費用」を請求するところまで給食課の認識は深まり、予算化の実現はできませんでしたが、少しずつ前進している手応えはあります。

活動を初めて1年以上経過し、あらためて、私たちの主張をまとめて「要望書」という形で提出しました。
単純な話、文章で提出すると文章で回答をもらえるのですね。

以下にリンクを貼るので、私たちの要望がどのようなものか一度ごらんください。
(スキャンした紙が汚くてゴメンナサイ)

「学校給食に関する要望書」1-2(JPEG)
「学校給食に関する要望書」2-2(JPEG)

7月10日に上記要望書の回答が郵送にて届きました。

「学校給食に関する要望書(回答)」

ちなみに、各項目の見出しが「要請書」となっていますが「要望書」の間違いです。

なんと!9月から給食食材の事前検査が実現しました!!

回答書に関しては大きな前進もありつつ、「ん〜?」なところもありつつ…
この件も含め9月に5回目の会合の場を設ける事が決まっているのでまた報告します。

ちなみに…この回答書も前回のイカリングフライに関する回答書も、書面に文書番号や印鑑がないということが会のメンバーから指摘されました。
これでは課として正式に出された書類とはいえず、責任の所在もあいまいとのことで問い合わせたのですが……「あ、お渡ししたものにはついてないですが、ちゃんと文書番号も次長決裁の判子もありますよ」と、わりと軽い感じでした。←こんなんでよいのでしょーか。(よくわからんけど)
学校給食 / comments(0) / trackbacks(0)
未更新の活動報告 イカリングフライについて
こんにちは!
なかなか更新できていなくて申し訳ありません。
本年6月からいろいろ動きがあったので、遅まきながら報告させていただきます。

まず、『宮城県産・岩手県加工イカリングフライ』について

6月16日(B・Dグループ)17日(A・Cグループ)に学校給食で使用される「イカリングフライ」(宮城県産・岩手県加工)について要請書を6月10日に提出してきました。
(5日には要請書をFaxして早急な対応をお願いしています)

前回の会合の後、すぐにイカを仕入れた業者に問い合わせて産地から同じロットのイカの放射能検査証を取り寄せてました。
測定器械EMF211型シンチレーションで、検出限界値4ベクレル代で不検出でした。

その検査証を見せてもらい、産地とメニューの変更は不可能との返事でした。
入札証の公開は、やはり業者へ直接クレームがいくと困る…との理由で拒否されましたが単価は教えてもらいました。今回のイカの入札には3つの業者が入り、決定した経緯は「今までフライで使用した実績がある」と「試食で美味しかった」から…だそうです。

イカフライリング用スルメイカ入札業者
1 宮城県産 18円
2 宮城県産 18円
3 青森県産 29円・北海道産 29円 

単価差がけっこうありますよね。
これ、相場的にはどうなのでしょう?震災前と比べてどうなのでしょう?

特に海産物に関してはセシウム検査だけでは安心できないこと、業者の公開、入札時の条件付け…など食い下がってお話ししてみたのですが、「今のシステムでは難しいけど、今後どこまで歩み寄れるかの検討はする」だそうです。

「6月使用予定のイカリングフライの産地に関する要請書」

上記要請書の回答が6月13日に郵送にて届きました。

回答はこちら↓
「6月使用予定のイカリングフライの産地に関する要請書について(回答)」1/3
「6月使用予定のイカリングフライの産地に関する要請書について(回答)」2/3
「6月使用予定のイカリングフライの産地に関する要請書について(回答)」3/3

結局は契約がすでに決まっているとのことで給食に使用されました。
しかし、今回強めに抗議をしたことは、「食の安全」と私たちの不安や訴えをあらためて給食課に認識してもらう良い機会だったと思います。
栄養士さん達は、限られた費用の中で美味しく栄養バランスのとれた給食をいっしょうけんめい考えてくれています。しかし、食材は安いのにこしたことはありませんが、それはけして安全性と引き替えにできるものではありません。

「放射能はなぜ危険なのか」
「なぜ産地にこだわらなければいけないのか」
「基準値と放射能測定の意味」

目に見えるデーターと目に見えない危険性。
それらを常にチェックし、勉強し、どの子供にも平等に安全性を保障できる学校給食のために、これからも給食課と情報を共有しながら話し合いを続けていくつもりです。
学校給食 / comments(0) / trackbacks(0)
学校給食課から回答が届きました。
学校給食課と(財)学校給食会から回答が届きました。
今年の9月より食材のモニタリング検査を実施するとのことです。
私たちの要望に対して、初めて具体的な回答が出ました。
これまでの運動の一つの成果です。
ただ、どの食材を、どれくらい検査するか、その個数は、頻度は
などは不明です。
この回答をもとに、そのようなことを具体化する話し合いを申し入れる必要があります。
話し合いの日時が決まれば、お知らせします。
回答14年7月
学校給食 / comments(0) / trackbacks(0)
福島・小児がん多発を考える東大阪のつどい
福島/小児甲状腺がん異常多発を考える
* * * * * * 東大阪のつどい * * * * * *
 
22() 午後2 東大阪市立勤労市民センター
  (1時半開場) (ユトリート東大阪 1階 大会議室)

 
原発事故から3年を経過しましたが、放射能は現在も拡散し続けています。今年2月、福島県の「県民健康管理調査」の結果、子どもたちの甲状腺がんは74人にも及んでいます。これは統計学的に見ても明らかにアウトブレイク(異常多発)の状況です。にもかかわらず、国も福島県もこれを原発事故による健康被害とは認めていません。また最近、漫画「美味しんぼ」で、大阪での震災ガレキ焼却時に市民が行った調査で眼や呼吸器系の症状を訴える人が多かったという作中の叙述に対し、大阪府・大阪市が発行元に「削除」しろとの圧力をかける事件まで起きています。事実を隠したり、ごまかしたりすることは許されません。すべての人々を被曝から守り、とりわけ未来をになう子どもたちの命と健康のために私たちは今回の「つどい」を企画しました。ぜひご参加ください。
 
講 演  入江紀夫(小児科医 奈良市で小児科医院開業 医療問題研究会会員)
       「小児甲状腺がんの異常多発の現状をどう考えるか」
       2014年3月ドイツ「原発事故がもたらす人体と環境への影響に
関する国際会議」での報告を通して

 
 

報 告1 東大阪の学校給食の放射能検査を求めて 
          放射能からいのちを守るママの会@東大阪
報 告2 希望するすべての人に放射能健康診断を
          放射能健康診断実現100万人署名運動実行委員会
主催:放射能からいのちを守る東大阪の会
連絡先 090-4493-7242 (藤田)
http://inochi-hosaka.jugem.jp/
★参加費 500円(避難者の方は無料)
保育室あり 事前に090-9998-6049まで連絡を
 
イベント / comments(1) / trackbacks(0)
【福島可視化展「ベクレルとシーベルト時々グレイ」二人展@大阪】
今までになかった興味深い展覧会のお知らせです。

【福島可視化展「ベクレルとシーベルト時々グレイ」二人展@大阪】

2014 5/12→5/23 
11:00→17:00

galerie”見る倉庫” 
電話/ファクス 06-6656-128 
〒557-0042 大阪市西成区岸里東1-5-25 

丹治博志
1947年
 福島県生まれ
1971年
 武蔵野美術大学卒業
 あちこちで作品発表
1990年ころより農業を始める。
2004年 新規就農
 五感を信じて制作していたが、放射能は五感ではとらえられません。
 とりあえず数字でとらえてみました。
 福島県では、毎日県内各地の放射能測定値を発表しています。

佐川ようこ
1979年10月
栃木県大田原市生まれ
2011年5月
ドキュメンタリー映画監督の藤本幸久さんが行った
福島の子どもを守れキャラバンの手伝いをさせてもらったこと
をきっかけに、神奈川県の福祉施設で働きながら、宮城・福島・
栃木などの福島原発事故被災地に通うようになる。
2013年7月
京都大学原子炉実験所の今中哲二さん代表の飯舘
村の皆さんの初期被曝量を見積もるプロジェクトの手伝いで福
島市暮らしを始める。
2014年2月
行きつけのカフェ「風と木」のマスター(丹治さん)に
自分の写真を見せると「素人ぽさが良い!」と、今回の展覧会の
話がトントンと運び現在に至る。
イベント / comments(0) / trackbacks(0)
2/23「食卓から始めよう!調理会&勉強会(Vo.2)」
こんにちは〜。ママ会の木谷です。
さる2月23日、ママ会主催で調理会&勉強会を行いました。
しっかり勉強されている方から、放射能に関してはあまり知識のない方までたくさんの方が集まってくれました。楽しく実のある時間を共有することができてとても嬉しかったです。

当日の様子はこちら(ママ会ブログ)から!↓

2/23「食卓から始めよう!調理会&勉強会(Vo.2)」

http://ameblo.jp/tunagaruwa/
イベント / comments(0) / trackbacks(0)
学校給食課との話し合い(第3回)報告
学校給食課との話し合いの記録(第3回)要約
日時 14122日午前10時から1115
出席 市民の会   8人
   給食課   課長以下2人 
 この話し合いで明らかになったこと

 
  • 学校給食課が来年度にむけて、給食食材の予算要求をしていることを正式に明らかにしたこと。しかし金額や根拠についてはまだ正式決定ではないことを理由に明らかにせず。
  • この間の私たちの申し入れ内容は。課内だけの回覧で済ませ、学校給食会や、他の学校栄養士などには見せることはなかった。このことが、今年度秋からの青森県産の米(福井県産と混合)の使用となった。
  • 検出基準としては100ベクレルを今のところ考えているとのこと。
        
これに対して、私たちは話し合いの中で下記の項目にいて要請しました。
  • 予算が確定した後にその予算をどう使うかという事を一緒に考えてほしい。どの食材を検査するのか、どれだけの回数で検査するのかという話し合いを持ってほしいという事
  • 測定した結果、検出された場合、使用する、しないの基準値をどう設定するかという見解を明らかにしてほしいという事。
  • この話し合いに「(財)東大阪学校給食会」の人にも参加してい頂きたいという事。
  • 「物資購入委員会」や「献立作成委員会」などの議事録の存在如何や、あればその公開の可能性を明らかにしてほしいという事。
  • 上記の内容を次回話し合い開催時(3月中旬ごろ)に返答いただくという事
 
昨年の9月20日に引き続き3回目の話し合いとなりました。署名や議会への陳情、文教委員会の傍聴など、できることを積み重ね、来年度から食材の事前検査の為の放射能測定を実施するための予算要求を行ったことが公式に明らかにされました。しかし、外部団体(財団法人学校給食会)を隠れ蓑に、献立作成の経過や食材決定の経過などに明確に答えませんでした。又基準値を「100ベクレル」としたのも、この間の話し合いや、他市の状況、何よりも子ども達への被曝の危険性といった点からも見逃すことができません。
引き続き、署名に取り組み、次回話し合いには上記の課題を解決しましょう。

 
学校給食 / comments(0) / trackbacks(0)
2/23 調理会&勉強会の予約を閉め切ります!
こんばんは!ママ会の木谷です。
2/23日の調理会&勉強会なのですが、
予定人数に達したので予約を閉め切ります。

イベントの様子などはまた報告させてもらいます!

放射能からいのちを守るママの会@東大阪
http://ameblo.jp/tunagaruwa/entry-11754683485.html
ママの会 / comments(0) / trackbacks(0)