スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
福島・小児がん多発を考える東大阪のつどい
福島/小児甲状腺がん異常多発を考える
* * * * * * 東大阪のつどい * * * * * *
 
22() 午後2 東大阪市立勤労市民センター
  (1時半開場) (ユトリート東大阪 1階 大会議室)

 
原発事故から3年を経過しましたが、放射能は現在も拡散し続けています。今年2月、福島県の「県民健康管理調査」の結果、子どもたちの甲状腺がんは74人にも及んでいます。これは統計学的に見ても明らかにアウトブレイク(異常多発)の状況です。にもかかわらず、国も福島県もこれを原発事故による健康被害とは認めていません。また最近、漫画「美味しんぼ」で、大阪での震災ガレキ焼却時に市民が行った調査で眼や呼吸器系の症状を訴える人が多かったという作中の叙述に対し、大阪府・大阪市が発行元に「削除」しろとの圧力をかける事件まで起きています。事実を隠したり、ごまかしたりすることは許されません。すべての人々を被曝から守り、とりわけ未来をになう子どもたちの命と健康のために私たちは今回の「つどい」を企画しました。ぜひご参加ください。
 
講 演  入江紀夫(小児科医 奈良市で小児科医院開業 医療問題研究会会員)
       「小児甲状腺がんの異常多発の現状をどう考えるか」
       2014年3月ドイツ「原発事故がもたらす人体と環境への影響に
関する国際会議」での報告を通して

 
 

報 告1 東大阪の学校給食の放射能検査を求めて 
          放射能からいのちを守るママの会@東大阪
報 告2 希望するすべての人に放射能健康診断を
          放射能健康診断実現100万人署名運動実行委員会
主催:放射能からいのちを守る東大阪の会
連絡先 090-4493-7242 (藤田)
http://inochi-hosaka.jugem.jp/
★参加費 500円(避難者の方は無料)
保育室あり 事前に090-9998-6049まで連絡を
 
イベント / comments(1) / trackbacks(0)
【福島可視化展「ベクレルとシーベルト時々グレイ」二人展@大阪】
今までになかった興味深い展覧会のお知らせです。

【福島可視化展「ベクレルとシーベルト時々グレイ」二人展@大阪】

2014 5/12→5/23 
11:00→17:00

galerie”見る倉庫” 
電話/ファクス 06-6656-128 
〒557-0042 大阪市西成区岸里東1-5-25 

丹治博志
1947年
 福島県生まれ
1971年
 武蔵野美術大学卒業
 あちこちで作品発表
1990年ころより農業を始める。
2004年 新規就農
 五感を信じて制作していたが、放射能は五感ではとらえられません。
 とりあえず数字でとらえてみました。
 福島県では、毎日県内各地の放射能測定値を発表しています。

佐川ようこ
1979年10月
栃木県大田原市生まれ
2011年5月
ドキュメンタリー映画監督の藤本幸久さんが行った
福島の子どもを守れキャラバンの手伝いをさせてもらったこと
をきっかけに、神奈川県の福祉施設で働きながら、宮城・福島・
栃木などの福島原発事故被災地に通うようになる。
2013年7月
京都大学原子炉実験所の今中哲二さん代表の飯舘
村の皆さんの初期被曝量を見積もるプロジェクトの手伝いで福
島市暮らしを始める。
2014年2月
行きつけのカフェ「風と木」のマスター(丹治さん)に
自分の写真を見せると「素人ぽさが良い!」と、今回の展覧会の
話がトントンと運び現在に至る。
イベント / comments(0) / trackbacks(0)
2/23「食卓から始めよう!調理会&勉強会(Vo.2)」
こんにちは〜。ママ会の木谷です。
さる2月23日、ママ会主催で調理会&勉強会を行いました。
しっかり勉強されている方から、放射能に関してはあまり知識のない方までたくさんの方が集まってくれました。楽しく実のある時間を共有することができてとても嬉しかったです。

当日の様子はこちら(ママ会ブログ)から!↓

2/23「食卓から始めよう!調理会&勉強会(Vo.2)」

http://ameblo.jp/tunagaruwa/
イベント / comments(0) / trackbacks(0)
「食卓から始めよう!調理会&勉強会(Vo.2)」開催!!

〜3.11後の日本の“食”を考える〜
『食卓から始めよう!調理会&勉強会(Vo.2)』
☆日時 2014年2月23日(日)
    11:00〜14:30(開場10:30)
☆場所 東大阪市青少年女性センター 1階 調理室
 http://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000005493.html
 近鉄奈良線「河内永和」駅 JR大阪線「JR河内永和」駅 徒歩5分
☆会費 1500円(子供100円)
☆定員 10名(予約制)
☆ランチつき(調理したものをみんなで食べます)
☆子供コーナーあり


第一部 調理会 11:00〜
石切神社参道のオーガニック&ナチュラルのベジカフェ
『コマカフェ』http://www.coma-cafe.jp/
西田美江さんによる「重ね煮からの簡単展開料理の数々」
メニュー
・切り干し分づきごはん
・重ね煮からのチヂミ
・重ね煮からのスパイスベジ豆カレー
・重ね煮からの出汁なし味噌汁
・重ね煮からの白和え
・重ね煮からのベジハンバーグ
・重ね煮からのベジハンバーグのソース
・サラダ・漬物
※多少変更する場合があります。

第二部 勉強会 13:00〜14:30
勉強会「3.11後の日本を生きる!」


【内容】
東日本大震災時の原発事故により、日本の広い国土が放射能により汚染されてしまいました。
様々な不安…特に食に対する不安を強く持っている方も増えており、放射能や免疫を下げる添加物への不安から、肉類や魚類、乳製品を今までより控えるようになった方も…。今はよくても、留まる事を知らない海洋汚染のため、近海の海産物はほとんど食べる事のできない時代が来るかもしれません。

これからの食が気になるママたちから聞く新たな不安…
「料理が苦手だし、“食に気をつける”のって難しい…」
「使えない食材が増えるとレパートリーが貧そになる…」
「育ち盛りの子供には肉を食べさせないと弱い身体になっちゃう…」
「魚や牛乳を摂らないとカルシウム不足になりそう…」

んー。それって本当かな?
肉も魚もめったに食べれなかった昔の日本人は身体が弱かったのかな。
カルシウムは魚や牛乳からしか摂取できないのかな。
菜食主義の人はどうやって栄養バランスを摂っているのかな。

私たちがもっている現代食の「常識」を覆してみましょう!
食べれなくなったものを数えて嘆くより、
新たな勉強と発見から新しい味とレパートリーを増やしてみましょう!
逆に、明るく豊かな食卓にバージョンUPすることもできかもよ!
それって、とても楽しい事なんです。ワクワク!

どんな時代になっても、お母ちゃんは「明るい食卓」を諦めない!!


★★予約方法★★
下記アドレスに、お名前、在住市を明記の上お送りください。
メールの件名は「調理会&勉強会予約希望」としてください。
お子様連れの方は、お子様の人数、年齢も合わせて明記してください。

予約アドレス→kitani100po@yahoo.co.jp 担当:木谷

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

放射能からいのちを守るママの会@東大阪
http://ameblo.jp/tunagaruwa/

放射能からいのちを守る東大阪の会
http://inochi-hosaka.jugem.jp/
イベント / comments(0) / trackbacks(0)
チェルノブイリの「今」からフクシマと私たちを考える集い〜告知〜

チェルノブイリの「今」から
フクシマと私たちを考える集い


チェルノブイリ事故から27年目の今年6月、現地を訪れたジャーナリスト粟野仁雄さんが見た衝撃の事実。
フクシマと私たち自身の生活をとらえ返し、未来に向けて一緒に考えていきたいと思います。

◆10月27日(日)
◆午後1時半〜(開場1時)
◆大阪府立中央図書館2F 大会議室
 (近鉄けいはんな線荒本駅下車5分)
◆参加費500円
◆保育はないけど、子供コーナーはあります。

チラシダウンロードはこちらから
イベント / comments(0) / trackbacks(0)
「パプアニューギニア海産天然エビの調理試食会&内部被ばく勉強会」の報告
6月29日に永和の青少年女性センターにてママ会主催で行った「パプアニューギニア海産天然エビの調理試食会&内部被ばく勉強会」の報告です。



パプアニューギニア海産の武藤鈴子さんからエビに関する目からウロコの情報をたくさん教えてもらいました。
「市販のエビは黒色防止剤に漬けられている」
「養殖は、食欲増進剤、抗生物質、ホルモン剤など薬漬け」…etc
それだけでなく、震災前から「反原発家族」だった話や、石巻で被災したときの写真を見せてもらったり、避難者さんとしてのお話もたくさん聞かせていただきました。
参加者にも福島と宮城からの避難者さんがいたので、避難者さんのお話を直接聞ける意味のある会になったと思います。


パプアニューギニア海産(http://pngebi.greenwebs.net/)は、石巻で津波により工場、資材、在庫をすべて失い、阪神大震災の時からの縁が深い関西の取引先の計らいで大阪府茨城市の中央卸売り市場に拠点を移し営業を再開しました。
避難移住のため保証金をもらえず厳しい経営状況だそうですが、加工規模を震災前の2〜3割に縮小してコツコツと再起を図っておられます。


午後からの勉強会では、資料を元に「内部被ばく」について簡単にお話をさせてもらいました。
最後は桐生さんに東大阪での給食に関する交渉経緯を説明してもらい、参加者の皆さんに署名をお願いしました。

今回、放射能の知識があまりなく、私たちのような活動に関わった事のないママさんたちも何人か参加してくれて、小さな小さな種まきができたのでは…と思っています。
 
受付、片付け、子守りなどでお手伝いしてくださった会員の方々、
本当にありがとうございました〜。
イベント / comments(0) / trackbacks(0)
天然エビの調理試食会&内部被ばく勉強会をします!
 日時:6/29日(土)11〜14時(10:30開場)
場所:東大阪市立 青少年女性センター
   近鉄奈良線・JR大阪東線「河内永和」駅下車北へ約300m
◆定員15名(予約制)
◆会費300円(子ども100円)
◆ランチ付き
◆保育はないけど子どもコーナーはあり。

第一部11:00〜
 「パプアニューギニア海産」武藤鈴子さんと
 天然エビの調理試食会(ランチ)
第二部13:00〜
 内部被ばく勉強会&フリートーク

予約アドレス
kitani100po@yahoo.co.jp
上記アドレスにお名前、在住市を明記の上お送りください。
メール件名は「調理試食会&勉強会予約希望」としてください。
お子様連れの方は、お子様の人数、年齢も合わせて明記してください。

200
イベント / comments(0) / trackbacks(0)
井上保子さん講演会のお知らせ
 内部被ばくに向き合う・・・主役は私たち!食といのちと市民のパワーと 

井上保子さん講演会
「いのちをつないでいくために〜私たちにできることやらなければいけないこと」

日時:
2012年11月17日(土)
午後7時〜9時(6時半開場)

会場:
東大阪市民会館4階第4会議室(近鉄奈良線河内永和駅・JRおおさか東線下車すぐ) 
06-6722-9001

参加費500円(ご予約必要ありません)
(保育室あり・事前申し込み070-6546-4960沼田まで)


福島原発事故から1年8ヶ月。
この11月、大阪市は市民の反対や疑問を無視して、放射能に汚染された災害がれきを受け入れ、大阪湾舞洲で危険な試験焼却を行おうとしています。
近隣住民や子どもたちや現場で働く人たちの被ばくがとても心配されています。
そして今、多くの人が不安に思っているのが「食」の問題です。
国の基準は本当に安全なのか、学校給食に出ているものは間違いなく大丈夫なのか。みんなで考えたいと思います。
今回、ずっと原発の危険性を訴え、宝塚市で食の問題にとりくんでこられた井上保子さんの講演会をもつことになりました。
ぜひご参加ください。


:::::::::::::::::::::::
井上保子さんプロフィール:
70年代の終り、大学に入学して原発の問題を知る。
「食」と被ばくの問題、環境問題に目を向け、共同購入会を手がける。
福島原発事故後、いち早く宝塚市に学校給食の放射能測定器の購入と活用をはたらきかけ、実現。
被災地の子どもたちの保養プロジェクトも企画。
今、電気の地産地消を目指し市民発電所に力をいれる。
「原発の危険性を考える宝塚の会」世話人、NPO法人「新エネルギーをすすめる宝塚の会」理事。 
:::::::::::::::::::::::

放射能からいのちを守る東大阪の会
090-4493-7242(藤田)
イベント / comments(4) / trackbacks(0)
「内部被ばくを生き抜く」上映会のお知らせ


◎日時:2012年9月17日(月・祝) 14時〜(開場13時半)


◎場所:イコーラム 第一第二研修室(近鉄奈良線【若江岩田駅】すぐ北 きらり6階)


◎参加費:700円(事前申し込み不要)


◎保育あり(未就学児10人)

 保育申込み・問合せ:桐畑

  メール:trans-wb☆pdx.ne.jp(24時間)

  (☆を@に変えてください。)

  電話:070-5020-5474(10時〜19時)

  9月7日までに下記必要事項ご連絡ください。

  保護者氏名・お子さんの名前(ふり仮名)・年齢(○才○ヶ月)・性別


◎上映後、避難者を交えての感想交流会もあります。


◎主催:放射能からいのちを守る東大阪の会 

 http://inochi-hosaka.jugem.jp/

 問合せ:藤田 090−4423−7242


◎ 「協力:Think Fukushima Movies in Kansai

blog:http://ameblo.jp/merchant45/

mail: kj8cf2@bma.biglobe.ne.jp


「内部被ばくを生き抜く」公式HP

 http://www.naibuhibaku-ikinuku.com/


「日本人は核物質に関してあまりにも無知。人も政府も学者も・・・」(肥田医師)


「被害を真剣に考えるお母さんたちが世界を変えていくのかも知れない」(児玉医師)


「本来100万人にひとりと言われる小児がんがチェルノブイリの事故後ひとつの村で2人とか3人・・IAEAもWHOも当初『被ばくノイローゼ』と。被ばくと認めるまで3年を要した」(鎌田医師)


「福島の問題はすぐには終わらない」「楽観的に対処してはいけない」(バレンチナ医師)


「福島は絶望の中。光があれば歩き出せる。光になるような活動がしたい」(福島県二本松市真行寺副住職・佐々木道範さん)


いまなお放射性物質を吐き出し続ける福島第一原発。私たちが直面する「内部ひばく」。人類史上最悪の原発事故をどのように乗り越え、どのような未来を作れるのだろう・・・

被ばく医療に携わってきた医師たち、そして福島でいまなお暮らす人たち。それぞれの声に耳を傾けることで見える何かがあります。


イベント / comments(0) / trackbacks(0)
低線量・内部被曝について考える〜学習・交流のつどい
低線量・内部被曝について考える〜学習・交流のつどい

 
3.11福島原発事故からやっと1年とちょっと。「安全神話」は崩壊したはずなのに、早くも原発の再稼働が行われ、現地では避難よりも帰還が奨励され、放射能に汚染された災害がれきは全国あちこちの町に運ばれて燃やされています。
まるで原発事故などなかったかのように。
そんな政府や電力会社や原発推進の人たちが「安全」を強調する際に常に持ち出してくる「国際基準」〜「国際放射線防護委員会(ICRP)」とは一体どういう性格の機関なのでしょうか。
そして、日本政府が今も認めようとしない「低線量・内部被曝」とはどのようなものなのか。私たちの今後の生活環境や食の安全を確保していく上でも重要なこの問題について、基本から学び、ご一緒に考えて行きたいと思います。
ぜひご参加ください。



○ 日 時  7月8日(日) 午後2時から4時半  

○ 会 場  東大阪市 市民会館 2階第2集会室
       近鉄奈良線「永和」駅すぐ南・JR大阪東線「河内永和」駅すぐ東

○ 講 師  柳 元和さん ( 医師 帝塚山大学教授・栄養学 医療問題研究会会員 )「低線量・内部被曝の危険性」著者の一人 ドイツのKiKK研究(原発周辺での小児ガン・白血病の増加に関する研究)を紹介 医療情報学を研究                  
○ 参加費 300円(申し込み不要)


主 催 放射能からいのちを守る東大阪の会
連絡先 090-4493-7242 藤田 
続きを読む >>
イベント / comments(0) / trackbacks(0)