スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
井上保子さん講演会のお知らせ
 内部被ばくに向き合う・・・主役は私たち!食といのちと市民のパワーと 

井上保子さん講演会
「いのちをつないでいくために〜私たちにできることやらなければいけないこと」

日時:
2012年11月17日(土)
午後7時〜9時(6時半開場)

会場:
東大阪市民会館4階第4会議室(近鉄奈良線河内永和駅・JRおおさか東線下車すぐ) 
06-6722-9001

参加費500円(ご予約必要ありません)
(保育室あり・事前申し込み070-6546-4960沼田まで)


福島原発事故から1年8ヶ月。
この11月、大阪市は市民の反対や疑問を無視して、放射能に汚染された災害がれきを受け入れ、大阪湾舞洲で危険な試験焼却を行おうとしています。
近隣住民や子どもたちや現場で働く人たちの被ばくがとても心配されています。
そして今、多くの人が不安に思っているのが「食」の問題です。
国の基準は本当に安全なのか、学校給食に出ているものは間違いなく大丈夫なのか。みんなで考えたいと思います。
今回、ずっと原発の危険性を訴え、宝塚市で食の問題にとりくんでこられた井上保子さんの講演会をもつことになりました。
ぜひご参加ください。


:::::::::::::::::::::::
井上保子さんプロフィール:
70年代の終り、大学に入学して原発の問題を知る。
「食」と被ばくの問題、環境問題に目を向け、共同購入会を手がける。
福島原発事故後、いち早く宝塚市に学校給食の放射能測定器の購入と活用をはたらきかけ、実現。
被災地の子どもたちの保養プロジェクトも企画。
今、電気の地産地消を目指し市民発電所に力をいれる。
「原発の危険性を考える宝塚の会」世話人、NPO法人「新エネルギーをすすめる宝塚の会」理事。 
:::::::::::::::::::::::

放射能からいのちを守る東大阪の会
090-4493-7242(藤田)
イベント / comments(4) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








2.23新宿デモ!ふくしま集団疎開裁判の会の訴えに応えて、福島の子ら40万人の大疎開!『子どもたちを被曝から守ろう!2.23新宿デモ』を、全力で応援、参加しよう!
2013年2月15日京都生協の働く仲間の会keizirou.hushimi@gmail.com

1、福島の子ら40万人の大疎開を絶対に勝ち取ろう!
2、『子どもたちを被曝から守ろう!2.23新宿デモ』を、全力で応援、参加しよう!
3、
ふくしま集団疎開裁判の会は、次のように福島県民に呼びかけています。これは、福島県民への呼びかけであるとともに、全国全世界の心ある人々への熱烈な呼びかけです。新宿を人の波で埋めよう!全国で、大行動を実現し、絶対に応えよう!
「2013年2月9日土曜日【お知らせ】郡山発『子どもたちを被曝から守ろう!2.23新宿デモ』無料シャトルバス
ふくしま集団疎開裁判の会では、2月23日(土)に新宿東口アルタ前を出発点として新宿デモを決行し、「子どもたちを被曝から守ろう!」と一般市民に広くアピールすることになりました。
あの3.11東北沖大地震に端を発した東京電力福島第1原子力発電所の事故以来、わたしたち福島県民はすでに2年間に渡って、国際放射線防護委員会(ICRP)声明にある勧告を唯一絶対の国際基準とする「年間受忍被曝量20ミリシーベルト」という途方もない超法規的・違法な政策を押し付けられ、その政策が是正される兆しもまったく見ることができません。
3.11福島核被災記念日を目前にした今回・2月23日新宿デモは、わたしたち福島県民にとって、「子どもたちを被曝から守れ!」「避難の権利を認めよ!」「核時代の人権を保証しろ!」と政府や関係機関、司法、首都圏の人びと、ひいては広く日本国民、世界の人びとにアピールする絶好の機会になるはずです。
福島県民のみなさん、インターネットや講演会で学び、みずからの知識を深めることはとても大切です。でも、一歩前に踏み出して、みずからの思いと願いを世間に発信しなければなりません。
「ふくしま集団疎開裁判」の会では、『子どもたちを被曝から守ろう!2.23新宿デモ』参加者を核被災現地・福島県から広く募るために無料シャトル便として大型バスを運行することにしました。福島県在住者の乗車申し込みを、こころからお待ちいたします。」
4、
既に、武田邦彦氏は、次のように呼びかけています。http://takedanet.com/2013/02/10_6a83-1.html
「原子力と被曝 福島で甲状腺ガン10倍。国は子どもの退避を急げ!
2013年2月14日、福島県健康管理委員会が3人目の甲状腺ガン(いずれも子ども)の発生を報じました。また7人が「ほぼ甲状腺ガン」と診断されています。男子3名、女子7名です。
甲状腺ガンは18才、40才ぐらいから増えるガンで、女性に多いのが特徴です。福島では18才以下の子ども18万人を対象にしていますので、国立がんセンターのデータでは、10万人に0.6人程度なので、18万人なら「1人」が平均的ですから、その約10倍に当たります。(年齢階級別がん罹患率・・甲状腺2005年)
通常はお医者さんというのはできるだけ病気にならないように、注意をされるのが普通ですが、福島の医師団だけは「病気になる危険を冒せ。病気になってもかまわない」という態度に終始しています。
今回も「被曝による甲状腺ガンは4,5年かかる」と説明していますが、それは「医学的」に間違いです。というのは、「平均して患者が増えるのが5年目から」というのと、早期にガンにかかる子どもがいつからでるかというのは違うからです。
チェルノブイリの患者発生のグラフは左の通りです。(甲状腺がん患者数、0~14歳、WHOジュネーブ国際会議)。このグラフを見ると1988年4月の事故から4年目から甲状腺ガンの子ども(18才以下)が増えていますがチェルノブイリの近くのウクライナ、ベラルーシに限って言えば、明らかに2年後には増加傾向にあります。
このことは、平均して甲状腺ガンがでるのは4年目からだが、早期にガンになる子どももいるということを示しています。すでに3人が手術をしたと報じられていますが、実に可哀想です。
国は直ちに次の事が必要です。
1)高濃度被曝地の子どもを疎開させる(除染は間に合わない)、
2)汚染された食材の出荷を止める、
3)ガンになった子どもを全力で援助する、
4)除染を進める。また親も含めて移動を促進する。
5)「福島にいても大丈夫だ」と言った官吏を罷免し、損害賠償の手続きを取る。
日本の未来を守るために、大至急、予防措置を取ることを求めます。
(平成25年2月14日)武田邦彦」
また、木下黄
from. 京都生協の働く仲間の会 / 2013/02/15 2:33 PM
放射能被害者の避難をこそ、ドンドン温かく迎えよう!
2.23新宿デモ!ふくしま集団疎開裁判の会の訴えに応えて、福島の子ら40万人の大疎開!『子どもたちを被曝から守ろう!2.23新宿デモ』を、全力で応援、参加しよう!
私たちは、東京新聞で報じられたとおり、放射能毒汚染がれきバラマキ反対に大勝利しました。その時のみんなの訴えは、「人を受け入れよう、物の受け入れに反対だ」という事でした。つまり、「放射能被害者の避難をドンドン温かく受け入れよう、放射能毒がれき・食品ばらまきに反対しよう」です。
今、甲状腺がん問題で、本当に、必死に、福島の子供ら40万人以上を、関西、西日本に避難させるべき時です。関西・西日本の私たちは、いまこそ、改めて、「避難を温かく迎えよう、放射能毒汚染食品バラマキに反対だ」の声を、一生懸命上げ、取り組みたいと思います。
2013年2月17日京都生協の働く仲間の会keizirou.hushimi@gmail.com
1、
同志社大のような「食べて応援」は間違いです。・・・「「NHK八重の桜」が縁結び 同志社と福島県、震災復興で協定」と言われ、「福島県での同志社大生のゼミ合宿や、学生食堂での県産品の活用などの具体策」も検討されている。しかし福島からは避難する事がまず大切です。福島、茨城、千葉産野菜等は、米国、ロシア、中国、韓国、台湾、フィリピンなど国際的に輸入禁止です。放射能毒汚染・内部被ばくがひどいからです。ばらまいてはいけない。風評ではない、実害です。これは甲状腺がん問題で明らかです。人を受け入れよう。放射能毒汚染物はダメです。
2、
安倍首相、森雅子少子化相徹底弾劾!
「福島産食材を買いたい人は多いのに扱ってないお店が多すぎ。よって福島産販売を義務化します」とは、ひどい!・・・全人民被曝化、放射能毒汚染食品のバラマキを阻止しよう!避難者をこそ歓迎しよう。
「福島県産品の販売促進へ法制化検討 森少子化相、扱い店舗優遇へ
 森雅子少子化担当相(参院本県選挙区)は2日までに福島民報社の新春インタビューに答え、東京電力福島第一原発事故による風評被害を払拭(ふっしょく)するため、県産品の販売促進を目的とした法律の制定を検討する考えを示した。小売店に対し、安全が確認された農産物や工業品の販売を促す内容で、店頭に県産品を陳列した店舗の優遇などを想定している。森氏は平成24年度補正予算で風評被害対策の関連費用を拡充させ、課題解決に向けた取り組みを加速させることも強調した。風評被害対策に当たる消費者庁も担当する森氏は「県産品を店頭に並べて、買いたい人が購入できる環境を整備しないと対策は前進しない」と述べ、小売店対策を本格化させる意向を示した。風評被害に対する国の姿勢を明確に示すため、県産品の販売促進については法制化を目指す。今後、庁内や関係省庁と検討作業に入るとみられる。法案の概要については「本県を特区に指定し、国は小売店に対して、その地域の産品を扱うように命令したり、店頭で販売した店舗を優遇することができるようにする」と説明した。憲法で「営業の自由」が認められている小売店に対する命令に、どの程度強制力を持たせられるかが今後の焦点の一つになりそうだ。森氏は平成24年度補正予算で風評被害対策の関連費用拡充を求めることも明らかにした。啓発イベントを継続するとともに県産品への信頼を回復させるため生産者と消費者の対面販売などに力を入れる。消費地に向かう生産者の交通費負担など、きめ細かな支援策の必要性も認めた。少子化・子育ての問題については、子どもの甲状腺検査の充実とスピードアップに向けて国が果たすべき役割を検証し早急に方策を練ることを約束した。」(福島民友2013/01/03)

風評ではない!実害だ。これが国際世論です。
!世界が輸入禁止してる日本の食材!
農林水産省「諸外国・地域の規制措置(平成24年8月27日現在)」より輸入禁止の食材を抽出。(農林省資料のキャッシュ: http://kingo999.web.fc2.com/PDF/kensa.pdf)イラスト・デザイン: 水谷ゆたか。PDFにしています。ダウンロードはこちらから。-->世界が輸入禁止にしている日本の食材http://kingo999.web.fc2.com/PDF/Ban_on_import.pdf
【米国】
福島=米、ほうれんそう、かきな、原乳、きのこ、イカナゴの稚魚、アユ、ウグイ、ヤマメ、ゆず、キウィフルーツ、牛肉製品、クマ肉製品、イノシシ肉製品、畑わさび、ふきのとう、わらび、こしあぶら、ぜんまい、たらのめ等
栃木=茶、牛肉製品、シカ肉製品、イノシシ肉製品、クリタケ、ナメコ、タケノコ、シイタケ、さんしょう、わらび、こ
from. 放射能被害者の避難 / 2013/02/17 9:42 AM
ご一読ご検討ください。福島の子ら40万人以上の大避難保障要求です。賛同をお願いします。京都生協の働く仲間の会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
安倍晋三総理大臣様
山田京都府知事・門川京都市長、松井大阪府知事、橋下大阪市長など西日本の各首長様

2013年3月2日要求書
2013年3月2日京都生協の働く仲間の会
電話09011446818 メールkezirou.hushimi@gmail.com
連絡先 京都伏見東郵便局私書箱26号

1、
私達は、貴職らが憲法、子供・被災者支援法を守り、福島の子ら40万人以上の放射能被曝からの、特に被曝の少ない京都市など西日本への大避難を、生活費、住居、医療費など完全に保証することを要求します。
2、
勿論、東京電力の責任は厳しく問われなければなりません。
3、
今日福島の子らは、福島原発爆発による放射能大量バラマキによる被曝からの小児甲状腺がんが多発しています。今直ちに避難をしなければなりません。
4、
福島の子らに、そもそも放射線管理区域で日常生活を強要している国や東京電力は法違反の犯罪者です。何よりもまずは子供らが大被曝をするのを避けるべく直ちに避難をできるようにしなければなりません。全生活を保証して、です。
5、
今はもう非常事態です。直ちに私達は、貴職らが憲法、子供・被災者支援法を守り、福島の子ら40万人以上の放射能被曝からの、特に京都市など西日本への大避難を、生活費、住居、医療費など完全に保証することを要求します。
なお、以上、3月10日迄に回答してください。よろしくお願いします。

ーーーーーー
以上、私達は、安倍晋三総理大臣などに送付しました。つきましては、この要求書への賛同署名をお願いします。氏名、連絡先、肩書き(京都市民とか、団地住民とか、弁護士とか、よろしくお願いします。)なお、出来れば、ビラや子供福島のメーリングには名前と肩書きを公表したいです。公表不可の方は、その旨ご連絡ください。私達は、放射能毒汚染ガレや放射能毒汚染食品受け入れ反対の時、『人は受け入れよう、物は反対します。』と訴えて来ました。今こそその思いを、解き放つ時です。福島の子らは40万人の大避難大支援を絶対成し遂げましょう!

ご一読ご検討ください。2013年3月2日要求書=福島の子ら40万人以上の大避難保障要求に関わる資料を3つ提起します。ご存知かとは思いますが、是非ご一読ご検討下さい。2013年3月2日京都生協の働く仲間の会
1つは、2月23日東京新宿に滋賀県から駆けつけた井戸謙一弁護士の訴えです。
「2013年2月20日(水)http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2792.html
「原発事故こども被災者支援法」の具体的施策を求める院内集会
http://www.ustream.tv/recorded/29419987

2つは、2月23日東京新宿での、相馬から秋田に自主避難した阿部知美さんが参加し、スピーチをしました。その訴えです。http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2013/02/1.html

3つは、「世界から見た「ふくしまと『ふくしま集団疎開裁判』」(韓国放送)です。
以上、福島の子ら40万人以上の大避難保障要求行動に係る3つの資料です。大切にご一読される事を希望します。以上。
from. 京都生協の働く仲間の会 / 2013/03/02 11:50 PM
私達は、安倍首相らが憲法、子供・被災者支援法を守り、福島の子ら40万人以上の放射能被曝からの、特に被曝の少ない京都市など西日本への大避難を、生活費、住居、医療費など完全に保証することを要求します。そこに向け、以下、重要な前進です。共に頑張りましょう。
2013年3月3日京都生協の働く仲間の会
電話09011446818 メール
連絡先 京都伏見東郵便局私書箱26号
/////////////////////
薔薇、または陽だまりの猫
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/bafe99afac62ced2bbfa4c9a2fc1fa2a
大阪市議会で 「原発事故 子ども被災者支援法」の具体的施策の早期実施を求める意見書採択

2013-03-03 12:31:45 | 社会

避難・移住・帰還の権利ネットワーク から ----------------
「大阪府下避難者支援団体等連絡協議会」からの連絡を転送します。「原発事故 子ども被災者支援法」の具体的施策の早期実施を求める声を政府に届けるため、大阪市議会にも要請をしていましたところ、昨日、下記の意見書が、全会一致で採択されたということです。
市会で尽力いただいた皆様に、深く感謝をいたします。これを機に、他の地方議会においても同様の動きが出るといいですね。
http://www.city.osaka.lg.jp/shikai/page/0000209012.html
「原発事故子ども・被災者支援法」に基づく具体的施策の早期実施を求める意見書
平成25年3月1日可決
衆議院議長  参議院議長
内閣総理大臣  財務大臣
総務大臣  文部科学大臣  
厚生労働大臣  国土交通大臣
環境大臣  復興大臣 各あて

 福島第一原発事故から間もなく2年が経過しようとしているが、いまなお全国に多数の避難者がおられ、先の見えない不安な生活を余議なくされており、ここ大阪市にも約400人が暮らしている。
 平成24年6月21日、第180回通常国会において「原発事故子ども・被災者支援法」(正式名称「東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律」)が、全会一致で可決成立した。
 この支援法は、「支援対象地域」からの避難、居住、帰還といった選択を、被災者がみずからの意思によって行うことができるよう、国が責任を持って具体的な支援をしなければならないと定めている。すなわち、原発事故で避難した方には、国による避難指示のあるなしにかかわらず、移動・住宅・就学・就業等に関する支援及び移動先自治体による役務の提供を、避難しない方には、医療・就学・食の安全・放射線量の低減・保養等に関し支援することを、さらに家族と離れて暮らすことになった子どもに対する支援を定めたものである。
 一方、この支援法では、具体的施策(支援対象地域の範囲、支援施策の内容、自治体との連携、予算措置など)は、政府の定める「基本方針」によるものとされているが、同法の成立から8カ月が経過した現時点においても「基本方針」の策定のめどは明らかにされていない。大阪市に避難してきた方々も、住宅、仕事、保育、教育、子どもの健康、二重生活等、避難生活に関わる様々な困難を抱えて生活されており、可及的速やかな施策の具体化が求められている。
 よって国におかれては、下記事項を実施されるよう強く要望する。
 1.原発事故子ども・被災者支援法に基づく「基本方針」を策定し、各種の具体的施策の早期実現のために必要な予算措置を講ずること。特に、安定した住居の確保、子どもの定期的健康診断と医療費の減免、二重生活における移動交通費の支援は喫緊の課題として具体化すること。
 2.地方自治体が行う関連施策に対しても国が支援を行うこと。
 3.「基本方針」策定と施策の具体化にあたっては、被災者の意見を十分に反映する措置をとること。
  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
from. 京都生協の働く仲間の会 / 2013/03/04 12:20 AM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://inochi-hosaka.jugem.jp/trackback/15