スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
「パプアニューギニア海産天然エビの調理試食会&内部被ばく勉強会」の報告
6月29日に永和の青少年女性センターにてママ会主催で行った「パプアニューギニア海産天然エビの調理試食会&内部被ばく勉強会」の報告です。



パプアニューギニア海産の武藤鈴子さんからエビに関する目からウロコの情報をたくさん教えてもらいました。
「市販のエビは黒色防止剤に漬けられている」
「養殖は、食欲増進剤、抗生物質、ホルモン剤など薬漬け」…etc
それだけでなく、震災前から「反原発家族」だった話や、石巻で被災したときの写真を見せてもらったり、避難者さんとしてのお話もたくさん聞かせていただきました。
参加者にも福島と宮城からの避難者さんがいたので、避難者さんのお話を直接聞ける意味のある会になったと思います。


パプアニューギニア海産(http://pngebi.greenwebs.net/)は、石巻で津波により工場、資材、在庫をすべて失い、阪神大震災の時からの縁が深い関西の取引先の計らいで大阪府茨城市の中央卸売り市場に拠点を移し営業を再開しました。
避難移住のため保証金をもらえず厳しい経営状況だそうですが、加工規模を震災前の2〜3割に縮小してコツコツと再起を図っておられます。


午後からの勉強会では、資料を元に「内部被ばく」について簡単にお話をさせてもらいました。
最後は桐生さんに東大阪での給食に関する交渉経緯を説明してもらい、参加者の皆さんに署名をお願いしました。

今回、放射能の知識があまりなく、私たちのような活動に関わった事のないママさんたちも何人か参加してくれて、小さな小さな種まきができたのでは…と思っています。
 
受付、片付け、子守りなどでお手伝いしてくださった会員の方々、
本当にありがとうございました〜。
イベント / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://inochi-hosaka.jugem.jp/trackback/22