スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
「食卓から始めよう!調理会&勉強会(Vo.2)」開催!!

〜3.11後の日本の“食”を考える〜
『食卓から始めよう!調理会&勉強会(Vo.2)』
☆日時 2014年2月23日(日)
    11:00〜14:30(開場10:30)
☆場所 東大阪市青少年女性センター 1階 調理室
 http://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000005493.html
 近鉄奈良線「河内永和」駅 JR大阪線「JR河内永和」駅 徒歩5分
☆会費 1500円(子供100円)
☆定員 10名(予約制)
☆ランチつき(調理したものをみんなで食べます)
☆子供コーナーあり


第一部 調理会 11:00〜
石切神社参道のオーガニック&ナチュラルのベジカフェ
『コマカフェ』http://www.coma-cafe.jp/
西田美江さんによる「重ね煮からの簡単展開料理の数々」
メニュー
・切り干し分づきごはん
・重ね煮からのチヂミ
・重ね煮からのスパイスベジ豆カレー
・重ね煮からの出汁なし味噌汁
・重ね煮からの白和え
・重ね煮からのベジハンバーグ
・重ね煮からのベジハンバーグのソース
・サラダ・漬物
※多少変更する場合があります。

第二部 勉強会 13:00〜14:30
勉強会「3.11後の日本を生きる!」


【内容】
東日本大震災時の原発事故により、日本の広い国土が放射能により汚染されてしまいました。
様々な不安…特に食に対する不安を強く持っている方も増えており、放射能や免疫を下げる添加物への不安から、肉類や魚類、乳製品を今までより控えるようになった方も…。今はよくても、留まる事を知らない海洋汚染のため、近海の海産物はほとんど食べる事のできない時代が来るかもしれません。

これからの食が気になるママたちから聞く新たな不安…
「料理が苦手だし、“食に気をつける”のって難しい…」
「使えない食材が増えるとレパートリーが貧そになる…」
「育ち盛りの子供には肉を食べさせないと弱い身体になっちゃう…」
「魚や牛乳を摂らないとカルシウム不足になりそう…」

んー。それって本当かな?
肉も魚もめったに食べれなかった昔の日本人は身体が弱かったのかな。
カルシウムは魚や牛乳からしか摂取できないのかな。
菜食主義の人はどうやって栄養バランスを摂っているのかな。

私たちがもっている現代食の「常識」を覆してみましょう!
食べれなくなったものを数えて嘆くより、
新たな勉強と発見から新しい味とレパートリーを増やしてみましょう!
逆に、明るく豊かな食卓にバージョンUPすることもできかもよ!
それって、とても楽しい事なんです。ワクワク!

どんな時代になっても、お母ちゃんは「明るい食卓」を諦めない!!


★★予約方法★★
下記アドレスに、お名前、在住市を明記の上お送りください。
メールの件名は「調理会&勉強会予約希望」としてください。
お子様連れの方は、お子様の人数、年齢も合わせて明記してください。

予約アドレス→kitani100po@yahoo.co.jp 担当:木谷

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

放射能からいのちを守るママの会@東大阪
http://ameblo.jp/tunagaruwa/

放射能からいのちを守る東大阪の会
http://inochi-hosaka.jugem.jp/
イベント / comments(0) / trackbacks(0)
学校給食署名の提出数を訂正します。
こんにちは。ママ会の木谷です。

前回、10月18日の東大阪市学校給食課に提出した署名なのですが、
私の数え間違いが発覚してしまいました。
「623筆」との報告を「606筆」に訂正させてください。
前回と合わせると計1913筆となります。
大変申し訳ありませんでした。
活動 / comments(0) / trackbacks(0)
給食課が事前検査費用500万円を予算要求する
10月18日(金)給食課署名提出と市議会傍聴を行いました。
来年度に向け、給食課が500万円の事前検査費用を予算要求しました。

署名に協力してくれた市民の皆さん、「東大阪の会」のみなさんありがとうございました。


 午前九時半、市役所ロビーに集合したのは、市民の会3人と、ママ会2人の5人。がれきの後半もあり参加者は少し少なかったが、議会の文教委員会が開催されるとあって、急遽署名提出と議会傍聴を行いました。事前に朝日新聞社に連絡を入れていたので、忙しい中、新聞記者さんもお見えになりました。本日のスケジュールの確認と簡単なレクチャーの後、早速給食課に赴きました。10時前なので部長、課長などは議会に上がっており留守、残って業務をしていた、栄養士さんに早速要請を行いました。持って行ったのは「大阪府下の各市における、学校給食の放射能検査実施状況」「子どもを放射能から守らなけれならない理由」「新基準の問題点」などと「署名」です。署名数は今回623名分で、前回と合計して1930筆となりました。
 ママ会からは、この間聞き取りをした各市の調査結果(事前検査をし出した市が増加)を踏まえ、東大阪市においてもしてくれるよう要望しました。給食課は予算要求についてはしたことを認めましたが、中身については語りませんでした。12月からの米飯給食の主食を、福井県産と青森県産のブレンドに変更しており、私たちが予てから要請していた17都県の食材をできるだけ避けてほしいという願いを無視するものです。その結果、弁当を持たせるというお母さんも出てきています。500万円の予算をどのように使うのか、事前検査の回数、食材の選定、基準値の問題など、疑問だらけです。私たちは引き続き「会」との話し合いの場を持ってくれるよう強く要望しました。朝日新聞の取材はここまでした。
そのあと、議会の文教委員会の傍聴に出かけました。傍聴申請を事務局に出していると、「今学校給食について審議中ですよ」との情報が入り、急いで文教委員会に駆けつけました。私たちの陳情や要請が審議されているのかと思いきや、中身は「給食の委託化」の課題でした。途中11時過ぎに休憩となり、廊下に出て11月までの文教委員会委員長に給食の件を要請しました。議員からは500万円の予算要求をしていると初めて金額が明らかになりました。私たちは、その要求金額が財政課に1円も値切られずに予算措置されるよう議員からもお力添えをお願いしておきました。学校管理部長さんにも事前調査を件をお願いしておきました。
 その後、各会派を回る予定でしたが、不在や会議中ということもあり、飯田議員と共産党の議員さんに「給食の放射能事前検査」要求の説明をいてきました。短い時間でしたが中身のある行動になったと思います。午後1時前に本日の行動を終えました。
文責  桐生

提出した書類の説明をするママ会

給食課前で提出する風景


 
学校給食 / comments(0) / trackbacks(0)
ママ会のミーティングが月一の定期になりました!
今までは気まぐれ発動だったママ会のミーティングですが今月より月一の定期になりました!

毎月、第二水曜のam10:30〜12:00で行います。
場所は永和の「東大阪市青少年女性センター 調理室」です。
 →http://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000005493.html

参加費無料。もちろん子連れOK。
(調理室なので調理器具などでの危険がないよう、お子様の安全には配慮をお願いします)

場所はam9:00〜Pm5:00の終日借りています。
12:00〜は持参したお弁当などをたべながら歓談して、それぞれ自由に解散というカタチにしたいと思ってます〜。(子どもの帰宅時間に合わせて2時くらいに帰る人が多いかも)

今月は13日(水)です。
話し合う内容は以下↓
●先月の講演会の感想
●給食課会合、その後の進展状況
●ママ会ブログ(近々公開予定)の内容
●署名活動・冬休みのイベント企画

初めての方でもママでない方でも参加してもらって大丈夫です。
お時間のある方はぜひどうぞ!
ママの会 / comments(0) / trackbacks(0)
チェルノブイリの「今」からフクシマと私たちを考える集い〜告知〜

チェルノブイリの「今」から
フクシマと私たちを考える集い


チェルノブイリ事故から27年目の今年6月、現地を訪れたジャーナリスト粟野仁雄さんが見た衝撃の事実。
フクシマと私たち自身の生活をとらえ返し、未来に向けて一緒に考えていきたいと思います。

◆10月27日(日)
◆午後1時半〜(開場1時)
◆大阪府立中央図書館2F 大会議室
 (近鉄けいはんな線荒本駅下車5分)
◆参加費500円
◆保育はないけど、子供コーナーはあります。

チラシダウンロードはこちらから
イベント / comments(0) / trackbacks(0)
ママ会のミーティングをします。
【ママ会ミーティング】
10月9日(水)AM10:30〜12:00
近鉄奈良線・JR線「河内永和」、青少年女性センター調理室です。

学校給食課との話し合いの報告、今後の活動予定などを
お話ししたいと思います。

ミーティングは12時までの予定ですが、場所は午後も借りているので
ミーティング後お弁当なぞ食べながらおしゃべりをできたらと思っています。
私を含め、小学生や幼稚園のお子さんがいるメンバーは(ほとんどか)
お迎えがあるため14時くらいには解散します〜。

初めての方でも大歓迎!お気軽にどうぞ〜。
ママの会 / comments(0) / trackbacks(0)
学校給食会との話し合いの記録
去る9月20日午後1時から市役所本庁で学校給食課との話し合いを行いました。
事前に12時から1時まで本庁前で署名行動を行いました。
市役所の職員も含め、短時間でしたが、多くの方が署名に協力していただきましした。
署名に来てくれたみなさんありがとうございました。 



教育委員会学校給食課との話し合いの記録(まとめ)

 

2013920日午後1時より210分まで

学校給食課  鈴木課長(栄養士)峰松栄養士 蜂尾栄養士

市民の会   8

 

まず最初に「給食署名」を、当日の市庁舎前署名を含めて、合計1307筆の署名を市民の会より給食課長に手渡しました。

 

この間の要請事項(陳情事項)の進み具合について(回答)

1項目目  学校給食の食材の事前検査について

給食課長、「事前検査については来年度予算要求しようと計画している。時期については来年度になる。」

      「食べる前に事前検査結果を出してほしいといことですが、野菜は当日納入なので難しい。7時半から8時半の間くらい。精密度を挙げれば検査するのに2時間ぐらいかかる。今保健所の検査センターに測定器が有るので毎回の事は難しい。作るまでに結果が出ることはない。」

      「八百屋さんがその日買うので難しい。産地指定はしていない。できるだけ地産地消をしようと思っているが、910月は難しい。玉ねぎなどできるだけ大阪産でよいものが有ればとおもっている。給食に適した食材が無いといけないので、その時によってあったりなかったりしている。品質に問題が無かったらなるべく大阪のものを入れてくださいと業者に言っている。」

「当日使ったものを事前に検査するという事は難しい。加工品であればできる。業者で検査を独自にしているところもあるかも。」

 

2項目目  市の独自基準の設定について

給食課長  「それは難しくはないか。いろんな意見が有るので確実なことが言えるすべがない。」「私たちは今基準というものが無い。では国の基準はどうなんということになる。これという基準が持てない中で、出たら給食をやめとこか、という事も出来ない。」

 

話し合いの中で進展したところ

  1項目目の「学校給食の食材の事前検査について」は来年度からという事になったが、検査費用の予算要求を行う事を明言したこことは、6月議会への陳情や、今回提出した署名行動の成果として、(予算要求の話で具体的には12月頃確定するが)確認しておきたいと思います。 行政(給食課)を動かすことができたという事は大きな一歩です。教育委員会少なくとも学校教育部の判断として確定させるために、もう一回り大きく、12月に向け署名を広げる必要があります。

どういう食材(野菜、肉、魚、加工品など)をどのような頻度で計測するかなど、具体的なやり方についても今後給食課と話し合いを継続するよう申し入れていきましょう。

  2項目目の「市の独自基準の設定について」は明確な回答を得ることができませんでしたが、1項目の事前検査を実施するとすれば、必然的に「放射能が検出された場合」どうするかという事が求められてくるので、給食課として判断が必要となってきます。

「出来るだけ低く」という事が私たちの要求ですが、このことも今後議論されることになります。

 

今後、「事前測定」を行っている他市(宝塚市、高槻市など)への聞き取りや、低線量被曝の学習活動、署名行動など必要になってくると思います。              

文責 桐生
ママの会 / comments(0) / trackbacks(0)
東大阪市学校給食の放射能検査に関する署名
 東大阪においては昨年4月より、本市環境衛生検査センターにて学校給食のモニタリング検査を行っています。しかしその測定方法や測定精度などに多くの疑問が有り、子ども達により一層安全な給食を食べさせたいとの思いから下記の点について要請します。

オンライン署名もあります。
ご協力ください!

東大阪市学校給食の放射能検査に関する署名

要請項目

①学校給食の安心・安全のためには、子ども達の給食を食べる前の事前検査、すなわち食材の時点での事前検査を要請します。

 現在、東大阪市にておこなわれているモニタリング検査は、データー集めのためのものであり、子ども達の安全を守るためのものではありません。また1食分まとめての検査は、放射能を含んでいる物資と他の物資がまざり、ほとんど検出されないのが現状です。又たとえ検出されても、物資の特定はできず、すでに子どもの体内に入って汚染してしまっています。事前に給食に使用する食材の産地が分かっているので、その検査をする方が給食を一層安全なものにしていく為に重要です。

 

②国の基準より厳しい東大阪市独自の安全基準を作り、検査体制を整えてください。

 食品による低線量内部被曝の障害は、チェルノブイリ原発事故後でも様々報告されており、2年前の福島原発事故でも、子どもの甲状腺がんが多発しています。国の示す基準値は、暫定的なもので子ども達の為にはより一層の厳しさが求められます。子ども達は放射線に対する感受性が大人より強く、「放射性物質に汚染された食品をできるだけ摂らない方がよい」ということは放射線防護の基本です。予防原則の観点からも、子ども達が食べる給食はより安全を目指すべきです。

活動 / comments(0) / trackbacks(0)
「関西から食卓を考える会」さんよりお願いとお知らせ
ママ会からのご紹介!
最近、スーパーの産地表記が分かりにくくなってると思いませんか?
魚など、水上げ港のみの表記で漁場は分からないし!
ちゃんと、検査されているのか分からないから、不安だから、産地で選ぶのです。
それを風評被害と言わないで〜!!
みんなが声をあげれば、政府より民間の方が一生懸命がんばってくるはず!
だってお商売なんですもの。



  「関西から食卓を考える会」よりお願いとお知らせ

当会は、食品を消費者が選べるように、産地表示とベクレル表示をしてほしい」という消費者の声をスーパーに届けることを目的として立ち上げた、関西の市民の会です。メンバーは関西のお母さんが中心で、その中には福島・関東からの避難者の方も含まれています。

2013年4月22日に第一回ミーティングを行い、やっと署名活動を開始するところまで漕ぎつけました。どうか、署名又は賛同のご支援をお願い申し上げます。

             代表 畑 理枝

             (事務局)枚方市町楠葉一丁目5番3号 

 ☆当会ブログ→ http://kansaisyokutaku.blog.fc2.com

(署名用紙・要望書・チラシのダウンロードをしていただけます!)

 E-mail→kansai_syokutaku@mail.goo.ne.jp


  賛同団体及び賛同者を募集しております!!

→賛同いただける場合、当会メールアドレスにご連絡下さい。折り返しご連絡させていただきます。

現在の賛同者)→ブログの賛同者リストをご参照下さい。

 小野俊一(医師・元東電社員) 中山幹夫(神田外語大学教授) 藤井悠(飲食セーフティーネットワーク代表)(敬称略・順不同)

 他、団体様にも賛同いただいております。   


 ブログにてオンライン署名を実施しております!是非ご署名下さいますようお願い致します。


   印刷等の資金が不足しております。カンパをいただけましたら大変有難いです!

     当会口座→ゆうちょ銀行間のお振込み(記号)14320 (番号)27916551

        他行からの振込み(店番)438 (普通預金口座番号)2791655

       口座名義:カンサイカラショクタクヲカンガエルカイ


 (活動予定)
  
 7月1日〜     「食品の産地表示とベクレル表示を求める要望書」の署名活動開始
            街頭署名活動は、JR大阪駅・京都駅・尼崎駅等を予定
            *日程等が具体的に決定しましたらブログにてお知らせします。

 9月15日     署名締切り
 9月下旬〜10月 各提出先に署名とともに要望書を提出・交渉

ママの会 / comments(0) / trackbacks(0)
「パプアニューギニア海産天然エビの調理試食会&内部被ばく勉強会」の報告
6月29日に永和の青少年女性センターにてママ会主催で行った「パプアニューギニア海産天然エビの調理試食会&内部被ばく勉強会」の報告です。



パプアニューギニア海産の武藤鈴子さんからエビに関する目からウロコの情報をたくさん教えてもらいました。
「市販のエビは黒色防止剤に漬けられている」
「養殖は、食欲増進剤、抗生物質、ホルモン剤など薬漬け」…etc
それだけでなく、震災前から「反原発家族」だった話や、石巻で被災したときの写真を見せてもらったり、避難者さんとしてのお話もたくさん聞かせていただきました。
参加者にも福島と宮城からの避難者さんがいたので、避難者さんのお話を直接聞ける意味のある会になったと思います。


パプアニューギニア海産(http://pngebi.greenwebs.net/)は、石巻で津波により工場、資材、在庫をすべて失い、阪神大震災の時からの縁が深い関西の取引先の計らいで大阪府茨城市の中央卸売り市場に拠点を移し営業を再開しました。
避難移住のため保証金をもらえず厳しい経営状況だそうですが、加工規模を震災前の2〜3割に縮小してコツコツと再起を図っておられます。


午後からの勉強会では、資料を元に「内部被ばく」について簡単にお話をさせてもらいました。
最後は桐生さんに東大阪での給食に関する交渉経緯を説明してもらい、参加者の皆さんに署名をお願いしました。

今回、放射能の知識があまりなく、私たちのような活動に関わった事のないママさんたちも何人か参加してくれて、小さな小さな種まきができたのでは…と思っています。
 
受付、片付け、子守りなどでお手伝いしてくださった会員の方々、
本当にありがとうございました〜。
イベント / comments(0) / trackbacks(0)